ストレスとうまく付き合うために、男女別・お仕事別の解消法をご紹介!

日本全国、働く女性の処方箋!【ワーキングウーマン雑学】

ようこそ

このサイトでは働く女性を取り巻く厳しい現状を見直し、日々のストレスとうまく付き合う方法を考えます。

新着記事

おすすめ!ストレス発散法

男女で違うストレスの発散方法

アメリカのある大学の神経学医が男女1000人の脳をスキャンしたところ、男女の脳は構造に大きく差があり、ほとんど別の種族と言ってもいいくらいの違いがあることがわかっています。そして男女では脳の構造の違いから、ストレスを感じた時に発散させる方法も変わって来るようです。
男女の違いをまとめてみると、

・男性…シングルタスク(一つの事に集中する)能力に長けているが、その分ストレスがたまると問題解決のため周囲の声をシャットアウトし、孤独の中で答えを見出そうと考える。また、運動・ゲーム・ギャンブルなど、明確な目的のある行為でストレスを発散しようとする。
・女性…感情表現やコミュニケーション能力に長けており、ストレスを感じると、友人とのおしゃべりで発散して気持ちを発散させようと考える。また女性は男性にくらべてセロトニン(精神安定作用をもつ物質)が不足気味なので、甘いものを食べることでセロトニンを分泌し、本能的にストレスを解消しようとする。

これはあくまで統計上のものなので、男性でも仲間同士で喋って発散させる人もいれば、女性でもジムに通いサンドバッグに黙々とパンチを打ち込む…という人もいます。自分がどんな方法でストレスを解消したいか、まずはそこを見出すことが入り口になりそうですね。

こんなにある!解消法あれこれ

では、女性のストレス解消におすすめな方法にはどんなものがあるのでしょうか?ここでは働く女性の皆さんから、現代を生き抜くための方法を聞いてみたのでご紹介します。

・「甘いもの!でも市販のものは砂糖が多すぎるので、休みの日に自分で作って食べる。工程が決まっているので、それに沿って黙々と作るだけ。甘さ控えめに作れば脂肪も気にせずたくさん食べられる!(28歳・公務員)」
・「趣味を作ること。ネイル・運動・ゲームなどで時間を忘れるくらい没頭していたら、悩み事自体を忘れられる(25歳・看護師)」
・「自然に触れる。滝や神社などのパワースポットを訪れると、自分の悩みがいかにスケールの小さいものかがわかって、前向きになれる(32歳・営業)」
・「悩みを紙に書き出して、自分の気持ちを整理する時間を1日のうち30分くらい作る。ストレスを消し去るのではなく、あるがままに受け入れるようにしている(30歳・事務)」

趣味に打ち込んだり、自然で身を清めたり、ストレスの原因を整理したり。みなさんそれぞれが、ストレスと付き合うために工夫しているんですね。女性がおちいりがちな「食べる」「飲む」「買う」に頼りすぎず、うまくリフレッシュできる方法が人気のようです。

おすすめ記事ピックアップ

  • おすすめ!ストレス発散法

    おすすめ!ストレス発散法
    そのストレス、ためすぎは危険です!ストレス発散法には男女差があるということがわかっています。ここでは効率的に女性がストレスを解消できる方法をご紹介します。
  • ママ友との付き合い方

    ママ友との付き合い方
    表ではニコニコ、でも裏では…!?ドラマの中だけじゃない!本当にあったママ友トラブルをご紹介。一方で、味方につけると心強いのもママ友なのです。ママ友とうまく付き合っていくためのコツも合わせてピックアップします。
  • 思いきって転職!

    思いきって転職!
    仕事に家庭、何もかもがうまくいかない!そんな時は思い切って環境を変えてみては?転職でお悩みのアナタへ、女性が取っておきたい資格や転職にピッタリの仕事をご紹介。自分の人生は、自分で切り開いていきましょう!
ページTOPへ